勤め人は向いてないと思った人は、副業をしよう

f:id:f-iori1002:20180418174533p:plain
「勤め人は向いてないから、会社やめたい」という人は多いと思います。

最近、勤め人を卒業して、商売人になろう!という流れがブームになっているので、記事にしてみました。


勤め人とは?

そもそも、勤め人とはどういう人のことを言うのでしょうか。


僕のイメージです。(笑)
勤め人と逆の概念として、商売人がいます。

  • 商売人は、ビジネスをつくる人
  • 勤め人は、商売人が作ったビジネスの下勤しむ人


商売人は自分の意志でつくったビジネスで収入を得るので、仕事にやりがいを感じやすい。
対して、勤め人は生活のためという意識が強く、仕事にやりがいを感じにくい。

このような違いがあると思います。
だから、上の図をつくったときにある程度共感されるんだろうと思います。

この辺の話はサウザーさんのVoicyがかなりおもしろい内容となっております。
サウザーさんは古代に遡って、「人類初の勤め人の誕生の話」をしていました。


「狩りから農業」に時代は移り変わっていきました。そのときに、いち早く畑を買って農業を始めたのが、商売人の始まりです。それにともなって、時代遅れの狩りをしていた人間は、徐々に畑で勤めるようになっていきます。
そして、勤め人は最低限の寝床と1日3食の米で毎日働きます。


これが、勤め人の始まりです。


勤め人と商売人の違い

勤め人と商売人は生きるフレームが全く違う


 
勤め人は、自分志向のひとが多いと思います。
「自分の生活のため」「自分の安定のため」「自分の家族が食っていくため」すべて自分志向です。
会社で勤めている人は、サボったほうがお得なので、なおさら自分志向が強くなります。
日本の会社はクビになりづらいし、給料も下がりづらいので、そういう思考になるのは仕方のないことかもしれません。
しかし、自分志向でいる限り、幸福度が商売人のように永遠と右肩上がりになるのは難しいでしょう。


商売人は基本的に他人志向です。
「世の中のため」「目の前の相手のため」「他の人には過去の自分と同じような失敗をしてほしくない」という考え方を持っている人が多いと思います。
自分の満足度には限界がありますが、他人の満足度には限界がありません。
また、サボればサボった分だけつけが返ってきます。逆に、頑張れば頑張った分だけ報酬が手に入ります。


このように勤め人と商売人は、そもそものフレームが全く違います。


勤め人と商売人は思考が全く違う

勤め人と商売人は思考が全く違います。

さっきの「狩りから農業に移り変わった古代の話」を例にすると、

基本的に、勤め人は、
「畑をいかに効率よく耕すか」を考えます。

商売人は、
「畑以外にも世の中に価値を生み出せるものがあるかもしれない。それは何だろう」と考えます。


この場合、使っている脳が全く違います。
視点が違えば、発想も違うのは当然なので、勤め人の脳のままの人がいきなり世の中に大きな価値を生み出すなんてことは無理ですよね。


どうすれば、勤め人を脱出できるのか。

「会社向いてないわ」と思っている方が勤め人を脱出するには、最低限の収入がなければいけません。
収入を得るには、なにかしらの「商品」が必要になります。

まずは、その「商品」をつくるところから始めなければいけません。



このプロ奢られヤーさんは「気づき」を商品にして、奢られるプロをやっているみたいです。笑
売れるものなら、なんでも商品になってしまうんですね...。

最近おもしろいと思った商品はこれです。
「プロアドバイスされヤー」という方。
300円払ってアドバイスしたい人もおるやろ!ということで実際にお金をもらってアドバイスされているみたいです。笑

このように「商品」は必ずしも本を出すとか、不動産を買うとかでなくても良いみたいですね。。


といっても、上のようなものを商品にする人はかなり少数だと思うので、普通の勤め人の方は副業を始めましょう。



勤め人脱出のために副業を始めよう

勤め人が向いてないと思う人は、まず小さな価値を生み出すことから始めましょう。
小さな価値を積み重ねていけば、コツを掴んでやがて大きな価値を生み出すこともできるかもしれません。


まずは、副業を始めてみると良いと思います。
ブログを書くこともnoteで有料記事を書くことも副業になります。
簡単に始めることができるので、ぜひ一度やってみてください。


僕のおすすめはブログです。
向いてるひとだと、すぐに稼ぐことができるのはもちろんのこと、
ブログを書くことで、アウトプット中心の生活になって生活の質が上がるからです。

アウトプット中心の生活のメリットは、「視点が変わる」ことにあります。
例えば、リンゴの絵を描こうと思って見たリンゴと、ただなにも考えずに見たリンゴって、映り方が違いますよね。

それと同じで、ブログに書こうと思って生活するのと、ただ何気なく生活するのでは、生活の質は変わります。


アウトプットすることで、少しでも価値を生み出そうと日々生活するのはとても大事なことやと思います。


まずは、ブログで読んだ本のアウトプットをするなど、簡単なことから始めましょう。


ブログで副業を始めるなら、この本がおすすめです。


ブログは勤め人の本業にも役に立つ

副業を始めることで、ビジネス思考が身に付き稼げるだけではなく、本業にも役立ちます。

  • 読み手のニーズを汲むスキル
  • 小さな価値を生み出すスキル
  • 情報収集スキル

この3つはブログを書くことで身に付くスキルです。

詳しくはこの記事で書いているので、ぜひ読んでみてください。
www.fio17.com


トップブロガーのイケハヤさんは、サラリーマン時代からブログをやっていたみたいです。
当時やっていたSNSマーケティングの知識について、ブログでまとめていたみたいですね。
それが副業になり、いまでは本業がブログになっています。


このような事例もあるので、ブログを本業にも役立てつつ、収入も得ることができれば良いですね。