削ってる人は面白い。

【スポンサーリンク】

f:id:f-iori1002:20180411143112p:plain
あなたは削ってますか?



ところで、「面白い人」とはどういう人でしょうか。
僕はこういう人だと思います。


ツッコみどころをつくろう

もし、初対面の人がスーツにサンダル履いてたら、「え、なんでサンダルなんですか?」ってなりますよね。

こんな感じで、ツッコみどころがある人には興味が湧いてしまうんです。
「隙がある人=面白い」
これは人間の心理だと思います。

裸足ニストさんはそこを極限まで極めて、「靴を履かない」という選択にたどり着きました。

ここにたどり着いたかーという感じですね。
極めてんなーと思いました。

何かを削ろう

それでは、この「ツッコみどころをつくる」というのを応用してみようと思います。

隙がある人=突っ込みたくなる人=おもしろい人
隙=削ってる部分

やとしたら、何かを削ったほうが面白くなるということです。


あなたは何を削りますか?

あなたは何を削りますか?





削ったら面白そうなものを考えてみましょう。

  • 髭を剃ることをやめる
  • 髭は剃らないけど髪の毛はツルツルにしてみる
  • 1カ月人と喋らない
  • 都会に住まない
  • 社会人をやめる
  • 1カ月エロ本しか読まない
  • 青い服しか着ない
  • ジーンズしか履かない

適当に羅列してみましたけど、
これ全部やったら相当おもしろい人になりそうですね。



それでは、削ってる人は面白いという話でした。