脳をデザインしよう

【スポンサーリンク】

f:id:f-iori1002:20180410185814p:plain

頭、硬くなっていませんか?
本記事では脳を柔らかくして、個性的な脳にデザインする方法を書いていこうと思います。

脳の成長

脳は赤ちゃんのときに成長して、それ以降(20代、30代)は成長しづらいみたいなこと聞いたことありませんか?

あれは昔の話で、MRIで研究ができる現在、「脳はいつまでも成長させることができる」ということが分かっています。
50を過ぎても脳は成長する! 医師が教える良い習慣・悪い習慣(「#老後を変える」編集部) | 現代ビジネス | 講談社(2/3)


脳をデザインするとは?

脳をデザインするとは、脳に新たな刺激を加えて個性的な脳にするということです。
必ずしも記憶力を鍛えるとか、頭の回転を速くすることではありません。

新たな刺激を加えるということが大事になります。

脳に刺激を送るには

  1. 「今まで経験したことがないことをやってみる」
  2. 「なぜ?」「どうやって?」という問いに答えようとしてみる。

この2つが重要です。

脳をデザインするとは、日常でできるような簡単なことです。
具体的にどんなことをすれば良いのかを書いていきます。

なぜ、新たな刺激を加えることが大事なのか?

脳は毎日同じような行動をとっていると、自動化していまいます。
人間は賢い生き物なので、すぐに楽になろうとするんですね。

脳がマンネリ化してしまうと、脳に刺激が行かず、どんどん衰退してしまいます。

そこで大事なのが脳をデザインしようとする意識です。

日常的でできる脳デザイン方法

それでは、具体的な方法を羅列していきます。

  • 部屋の電気を左手(利き腕でないほう)で消してみる。
  • ~の理由は3つあると最初に言い切ってみる。
  • 人から嫌われてみる
  • 真っ赤なスウェットを着て街に出てみる
  • 座禅体験にいく
  • 1カ月毎日1時間瞑想してみる
  • ファスティングに挑戦する
  • 人の口癖をマネしてみる
  • 理想の異性のタイプをかなり事細かに考えてみる
  • 相手の目を20秒間見続けてみる
  • 相手をべた褒めしてみる
  • ゲームバーに行ってみる
  • 全くタイプじゃない異性と仲良くしてみる
  • 携帯を触らない生活を送ってみる
  • 自己分析ノートを1冊つくってみる
  • 詞を書いてみる
  • 人のこぼけに思いっきりツッコんでみる
  • 漫才をツッコみ目線で研究してみる
  • 漫才をボケ目線で研究してみる
  • 「モテる」とはどういうことかを考えてみる
  • 新しいWEBサービスに課金してみる
  • 普段呼ばない名前で呼んでみる
  • 夜の公園でウィスキーを一気飲みしてみる

などなど。
なんでも良いのでやってみると楽しいかもしれませんね。

特に日本の教育って頭ガチガチに固められるので、個性が発達しにくいと思います。

一風変わったことをやることで、個性的な脳にデザインしましょう。


あと、日記書くのも良いと思います。
エクスプレッシブ・ライティングというと、その時の感情を書き殴ることですね。

けっこう気持ち良いですよ。




まぁこの記事の内容は嘘ですけどね。