大学に友達がいない?!つまらない大学生活を充実させる5つの方法

【スポンサーリンク】

f:id:f-iori1002:20180123015741p:plain
「大学に友達がいない」という方は多いのではないでしょうか!
僕は正直、あまり多くないほうです。数人仲の良い友達はいるけど、誰とも話さずに帰ることは普通にあります(笑)

時間が山ほどある大学生活。でも大学に友達は少ない。
僕は、何もしなければただつまらなくて辛い大学生活になってしまうと思い、どうすれば充実した大学生活を送ることができるのかと考えざるを得なかったわけです。
現大学3回ですが、最近になって気づいたこともあるので「大学がつまらない!」というかたは参考にしてみてください。

大学に友達がいなくてつらい大学生活を送る人が、楽しい毎日に変える5つの方法

大学には友達が少ない。
でもそれなりに楽しい毎日を過ごすことができている僕が自分なりに考えた、「辛くてつまらない大学生活を変えるコツ」を5つ紹介します!

ワクワクすることを探す

いろんなことを経験して、自分がワクワクすることを発見できればつまらない大学生活から楽しい大学生活に変わるはず。
僕の場合は写真、海外旅行、ブログ、ジーンズのことに関してはとてもワクワクします。些細なことでも良いので「ワクワクすることは何か?」という疑問を持つことを意識しています。

そして、ワクワクすることを見つけたらリストをつくることをおすすめします。最終的に好きなことだけが書いてあるリストを見るだけでテンションが上がれば最高!
たとえば、映画が好きだったらさらに好きな映画のリストをつくってその中に解説とか書いていけば、さらに映画について詳しくなれて楽しいですよ。(あとで紹介しますが、それをブログで紹介するのも楽しい)

好きなことを時間も食べることさえも忘れて没頭しているときが一番幸せです。
僕は、自分がワクワクするものをいかに発見できるかが人生の幸福度に繋がってくると思うので、この作業は一生を通じてやっていきたいと思っています。

関連記事:
www.fio17.com

無理にサークルに入らない

ぶっちゃけサークルは入らなくても良いと思ってます。
サークルって遊び目当てで入る人がほとんどですよね。

たしかにそういう友達から学ぶことっていっぱいあると思うんです。良いひとや面白いひとがたくさんいて色んな価値観あって楽しいと思います。
でも友達が多すぎて疲れることってないですか?(笑)今日遊んだのに明日も飲み会や...みたいな。
サークルは遊び重視的な部分があるので、自分の時間が無くなることが多くなります。

5年後の後悔で、もっと勉強しとけばよかったみたいなことをよく聞きますが、それはそもそも勉強できるような環境じゃなかったと思うんですよね。
友達が多くなると、楽しそうな誘いがたくさんありますから。

だから、大学に入るときに勉強も遊びも頑張ろうと思っている人は、サークルの楽しさに没頭して勉強とか自分の時間で好きなことをやったりする時間が少なくなってしまいがちになると思います。

なので、僕はあえてサークルには入らずに自分の時間を増やすようにしています。
けっこう冷めた考えですけど、環境はまじで大事です。


興味のある分野の知識を身につける

大学の優秀な先輩がいたんですけど、「なんでそんなに賢いんですか?」と聞いたところ、「なんでもいいから勉強しろ」と言われたことがあります。
それは自分がとっている授業はどんな授業でも必死に取り組めということなんでしょうけど、僕はこれができませんでした。(笑)
授業全部を必死に取り組むとか無理っす。どうしても興味がわかない授業とかありますからね。

でも、自分の興味のあることは独自で勉強をするようにしました(心理学や読書術、文章術などなど)。
自分が気になったことを調べてノートにまとめるということを繰り返していくと自然と知識が増えていきます。
その感覚は楽しいのでぜひ興味のある分野があるなら本なり動画なりで知識を深めることをおすすめします。

僕は心理学に興味があったので、メンタリストDaiGoがやっているニコ生に登録して動画を介して知識を得ていました。(心理学を学びたい方にはめっちゃおすすめ)

また、Amazonが提供するkindle unlimitedも強くおすすめします。

このサービスはマジでお得です。

  • 月額980円で本が読み放題
  • 月1冊読めば元がとれる
  • 読める本の数はなんと10万冊以上
  • 本を読んでいるうちに知識欲が刺激される

本当に素晴らしいサービスです。
僕は月1冊どころか5冊くらいは読ませてもらってるので、相当得してます。メンタリストDaiGoさんは1日で20冊ほどkindle unlimitedで読んだと言っていました(笑)
知識を増やしたいという方には本当にお得なので会員になることをおすすめします。


ブログを書く

なにもやることないってひとや色んなことをやってきたってひとはブログを書いてみればいいと思います。

  • 人の役に立てる
  • 共通の好きなことを持つ人が集まる
  • 小遣い稼ぎになる
  • 分析思考が身につく
  • 文章力が身につく

ブログは自分の好きなことを文章で簡単に発信できるツールです。
情報を発信することで共通の趣味の人が読んでくれて、読者が増えるとお金も発生します。(好きなことで稼げる!)

そして、読んでくれるひとを増やすためには分析しなければいけません。ただつらつらと文章を打っていても検索に引っかからないと意味がありませんよね。
だからどうすれば読んでくれる人が増えるのかというのを考えていく必要があります。
それを分析するのがとても楽しいというのも僕がブログを続ける1つの理由です。

また、好きなことに関する情報をアウトプットすることで文章力も身につきます。
「大学のレポートが終わらない」とか「レポート3000字もある」といったネガティブな感情はすっかり無くなりました。
なぜならブログで1記事3000字程度の文章を、月に何記事も書いているからです。

とにかく、ブログで身につけたスキルは大学生の間だけでなく社会人になってからも役にたつはずです。(就活でもすでに役立っています)
人になんとか読ませる文章を書きたいと思いながら身につけたスキルは一生ものです。

試しになんか書いてみたいという方ははてなブログがおすすめ。
無料ですぐにブログ開設できます。
僕はライブドアブログで書いていたこともありますが、断然はてなの方が使いやすいので無料ブログならはてな一択です。
自分が書いた記事が誰かの役に立つというのはすごくやりがいのあることですよ!

興味のあることはなんでもやってみる

やっぱりつまらない大学生活を楽しいものに変えるには、興味のあることにどんどん足を突っ込んでみるということが一番大事だと思います。

僕は大学生活中、冬山でスキーをしたり、中国に1カ月間行ったり、座禅体験に行ってみたり...。
気付けば色んな経験をしていました。

振り返ってみて思うのは、とりあえず興味のあることをやってみないと、自分が何に対してワクワクするのかが分からないということ。
冬山に行ってみて「もう冬山には行きたくない」と思ったのも一つの経験だし、中国に行ってみて「また中国に行きたい!」と思ったのも良い経験です。
やっぱり、やってみないと楽しいかどうかなんてわかりません。
想像もつかないような苦しいことや楽しいことが隠れているのが人生だと思うので、まずは興味がわいたらなんでもやってみるというのが大事だと思います。


体験記事:
www.fio17.com
www.fio17.com
www.fio17.com