中国の世界遺産、宏村で突然の爆竹祭り!!

【スポンサーリンク】

2017年の8月から28日間の中国旅行に行ってきました。
世界遺産の宏村(こうそん)はとても綺麗な村でした。

canon 6dで撮影してきたので、写真とともに村の紹介をします。


宏村(こうそん)とは

安徽省黄山市にある、世界遺産の村です。
2000年に「安徽南部の古村落」として西逓村(せいていそん)とともに世界遺産に登録されました。
村全体が「牛」の形になっているそうです!

「宏村」は黟県の県城から北東10km に位置し、南宋紹興元年(1131 年)に建造され始めた。古くは汪氏一族が暮らしていた土地で、明・清時代の旧建築物137 棟が現存している。高い所から見ると山の渓谷に寝そべる牛のような形。村落には旧民家の白壁や瓦が整然と並ぶ。中でも承志堂は2000㎡以上を占め、その広大で美しい姿は「民間故宮」と呼ばれている。堂内には様々な木彫りの彫刻があり、精巧で生き生きとした様子は、現在でも輝きを失っていない。また、敬修堂、東賢堂、三立堂、叙仁堂も風格があり、素朴ながらも厳かである。さらに、空高く聳える古木や、藤の老木、庭の牡丹などによって少しずつその絵のような情景にひきこまれる。またこの土地は一年を通して霧に覆われることが多く名実ともに水墨画の世界」である。
中国国家観光局より引用

宏村はまさに水墨画の世界。真ん中に大きな湖があって、その周りにはたくさんの緑が広がっていて、とても綺麗な風景でした。
湖と街並みの絵を描く学生がいたるところにいて、アートの村でもあります。
歩いていると、未完成のデッサンがたくさんありました。未完成のデッサンもまた良い雰囲気をだしていて、それも宏村の魅力だと思います。


中国、宏村へのアクセスと入場料

世界遺産黄山(湯口側)からバスでたしか50分くらい。料金は15元(200円ちょっと)程度。
宏村の入場料は104元(1700円くらい)
ちなみに学生証を持っていれば、たいていの世界遺産は半額になります!ここでも使いました~

中国に行くなら学生証は必須アイテムですよ!

宏村の綺麗な街並み

f:id:f-iori1002:20180111170336p:plain
f:id:f-iori1002:20180111170350p:plain
f:id:f-iori1002:20180111170406p:plain
f:id:f-iori1002:20180111170701p:plain
湖と緑がとても綺麗でした。
まさに、水墨画の世界です。


f:id:f-iori1002:20180111170445p:plain
f:id:f-iori1002:20180111170435p:plain
f:id:f-iori1002:20180111170827p:plain
f:id:f-iori1002:20180111170951p:plain
歩くと絵を描いている学生がいたるところで見かけることができます。
日本でこんなに絵を描く学生が集まるところはみたことが無かったので、とても新鮮でした。
のどかな雰囲気があって、のんびり過ごすことができるとても良い村です。


f:id:f-iori1002:20180111171437p:plain
こんな感じで肉を干している家も見かけました。
めっちゃ臭かったです。
何の肉なんだろう...。


f:id:f-iori1002:20180111171939p:plain
f:id:f-iori1002:20180111171949p:plain
f:id:f-iori1002:20180111172009p:plain
宏村の中を歩くと、書道が上手そうな人や開かずの扉など非日常空間が広がっていました。



のどかな風景に突如、爆竹。

f:id:f-iori1002:20180111172533p:plain
村の中はこんな感じでとてものんびりした感じ。
ぶらぶら歩いていると、パンパンパンパァァぁあン!!
という誰かが銃を乱射しているような音が...。

そしてその音はこっちに向かってきます。
村人も一斉にこっちに走ってくるので、必死に逃げました。

逃げながら振り返ると、向こう側から煙があがっています。
音はだんだん大きくなってきて何が起きているのかわかりませんでした。

f:id:f-iori1002:20180111172629p:plain
よく見ると、爆竹でした。
おじさんが持っている赤くて長いものは爆竹です。

f:id:f-iori1002:20180111173349p:plain
この迷彩の服を着たおじさんがかなり怖かったです。(笑)
火をつけるスピードが尋常じゃなく早い。
みるみるうちにこっちに向かってきました。

f:id:f-iori1002:20180111173518p:plain
一瞬で煙が町中に充満しました。
あののどかな風景はどこにいったのやら...。

f:id:f-iori1002:20180111173657p:plain
f:id:f-iori1002:20180111173824p:plain
少し離れたところから見ていると、神輿のようなものを担いだ中国人がやってきました。
お祭り騒ぎです。

f:id:f-iori1002:20180111173842p:plain
どんだけ火薬詰めてんねん...。



動画はこちら↓

中国、宏村で突如爆竹祭り

いきなりこんなことされたら、心臓に悪いよ...。
恐怖体験でした。

関連記事:
www.fio17.com
www.fio17.com